リトルワールドの思い出

みなさまこんにちは。

Oranzovy店主です。


今年の目標のひとつがブログを復活することでした。


なぜまたブログを再開しようと思ったかというと、私自身が他のお店のブログを読むのが好きだから。


お店の人の中身が垣間見れたり、ルーツを知れたり、instagramとはまた違う楽しさがあるなと改めて感じています。


相変わらずの拙い文章でお恥ずかしいですが、雑貨のことや日々の出来事やと思い出話しなど時々綴っていこうと思います。


不定期になりますがなるべく続けていきたいなと思いますので

ふと思い出した時にでも読んで頂けたら嬉しいです。






愛知県犬山市にある「リトルワールド」をご存知でしょうか。


愛知県民にはお馴染みの広大な敷地の中に世界の国々が再現されたテーマパークです。


リトルワールドHP



Oranzovyへ来て下さるお客さまから「リトルワールドが大好きなんです!」とお伺いすることが時々あります。


そして、そんな風に直接話して下さる方以外にもOranzovyのお客様の中にはリトルワールド好きが一定数いると踏んでおります。



なぜなら、私もリトルワールド大好き族なのです!


きっとOranzovyの成分には私がリトルワールドから受けた影響が少なからず含まれているのでしょう。





リトルワールドの思い出。


遡ること25年近く前だと思います。



当時中学生だった私は宇宙百貨が大好きでインテリアを可愛く飾ることに目覚めた頃でした。



青春の宇宙百貨、なくなってしまって悲しんでいたのですが、なんと名古屋パッセに復活しているそう!!名古屋パッセの宇宙百貨が私のホームなので嬉しすぎます。久しぶりに行かなくては!!




話を戻して、その頃読んでいた雑誌に載っていたビーズの暖簾に心をときめかせていた私。


そのキラキラカラフルなアクリルビーズでできた暖簾を自分の部屋の入り口に飾ることを夢見ておりました。



そんな時に家族で遊びに行ったリトルワールドのお土産屋さんでそのビーズ暖簾を見つけたんです!


確か中国の雑貨が売っているコーナーだったような。。。





あの時の胸の高鳴り、最高にドキドキワクワクした気持ちは今も忘れられない記憶。





(ほぼ同じものを見つけました!今見てもときめきます!!)






こんな風に思い出に残る買いものや、その後の人生にちょっと影響してしまうかもしれないものとの出会い。




私もまだまだこれからそういうことを経験したいし、

そんな経験をして頂けるようなお店になりたいな、

と思います。






リトルワールドのお土産屋さんは世界の民芸品が充実していてとっても楽しいのでお見逃しなく。




もちろん園内の様々な国のゾーンもとっても楽しいです。


衣・食・住、色々な国の生活様式が展示されていたり体験できたり興味深いものばかり。



思えば、初めてヤシの実にストローが刺さってるジュースを見たのも、ワニの肉を食べたのも、リトルワールドでした。



高校一年生の遠足もリトルワールド。


ひたすら色んな国の民族衣装を着た思い出。




大人になってからはリトルドイツでウィンナーとビールで乾杯したり、

色んな国の料理やお酒も販売されていて大人もたっぷり楽しめます。




本当に外国を旅行したような気分を味わえるので

こんな時だからこそ特に楽しいかもしれないですね!




もう少し落ち着いたらまた遊びにいこうと思います。




リトルワールドの宣伝みたいになりましたがこれで終わります。




またよかったらのぞいてください。






* * *




最新の入荷情報やインフォメーションはSNSで更新しております。ご覧頂ければ幸いです。



instagram

https://www.instagram.com/oranzovy/


facebook

https://www.facebook.com/oranzovy1


twitter

https://twitter.com/oranzovy_info


ONLINE STORE

http://oranzovy.ocnk.net



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Oranzovy オランジョビー

〒465-0033 名古屋市名東区小池町462-4

OPEN 10:30 - 19:00

CLOSE 火曜・第3水曜 

※その他臨時休業等ある場合がございますのでスケジュールをご確認下さい。

tel. 052-771-3353 mail. info@oranzovy.ocnk.net

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *